MENU

ナットウキナーゼは「血栓を溶かす」血液サラサラ成分!

 

納豆の独自成分「ナットウキナーゼ」が注目されています!

 

 

 

 

「ナットウキナーゼ」は、どのような成分なのでしょうか?

長年、わが国の健康を支えてきた伝統食品である「納豆」。この納豆のネバネバ部分に含まれるタンパク質分解酵素がナットウキナーゼです。

 

納豆は、煮大豆を納豆菌が発酵させることでできる食品ですが、この発酵過程でナットウキナーゼをはじめとする多様な栄養素が生成されます。

 

1925年、北海道帝国大学の大島先生によりその精製および性質について報告がなされており、その後様々な研究報告がなされ、1980年代にフィブリン(血栓の素となるタンパク質)を分解(溶解)する酵素が「ナットウキナーゼ」として命名されました。

 

(出典:日本ナットウキナーゼ協会

つまり、ナットウキナーゼとは、納豆のネバネバのもととなる納豆菌に含まれる酵素で、ナットウキナーゼの大きな特徴は、血管につくられる血栓を溶かす働きが有るとうことです。

 

「血栓」って?

「血栓」とは、血液が固まってしまうことです。この「血栓」が血管に詰まることです。血管の詰まる箇所で、その深刻度は変わりますが、脳で詰まると「脳梗塞」、心臓で詰まると「心筋梗塞」という、生命にも関わる重大な病気を引き起こします。

 

こんな危険な「血栓」の融解作用があるので、「ナットウキナーゼ」が注目されているわけです。

なぜ、「血栓」が出来てしまうのしょうか?

 

「血栓」が出来る原因は、「糖尿病」や「脂質異常症」などで、血液が異常化し、血液が粘質を持ち、「血液ドロドロ」の状態になる為に、流れが悪くなり、徐々に血液が固まり、「血栓」となってしまいます。

 

「糖尿病」や「高脂血症」などは、生活習慣病とも呼ばれるほど、生活習慣や食生活が大きく影響する病気です。これらの病気で「血液ドロドロ」になり、「血栓」を作らない為にも、食生活や生活習慣を見直す必要があります。

 

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中のLDLコレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなる病気です。脂質異常症(高脂血症)をほうっておくと、血管の動脈硬化が少しずつ進んでいき、やがて心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気が引き起こされることになります。(引用:脂質異常症(高脂血症)

糖尿病

糖尿病とは、血糖値の高い状態が続き、全身のさまざまな臓器に影響が起こる病気です。血糖の高い状態が続くと、のどの渇き、疲労感、多尿・頻尿などの症状が現れるようになり、次第に全身の血管や神経が傷ついて、全身のさまざまな臓器に影響が起こってきます。(引用:糖尿病

 

ナットキナーゼに期待できる働き!

 

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」に期待できる働きを紹介!

 

「ナットウキナーゼ」には、「血栓を溶かす」働きの他にも有用な働きがあります。

 

「ナットウキナーゼ」の主な働きはこちら!

 

このように、「ナットウキナーゼ」には、「血栓」を作らせずに、「血栓」を溶かす働きがる、【凄い】働きをしてくれる、とてもうれしい成分なんです。

 

納豆から「ナットウキナーゼ」を摂る場合の注意点

「ナットウキナーゼ」は、納豆のネバネバ成分に含まれる独自の成分なので、納豆を食べるだけでも摂取できます。

 

しかし、納豆には「ビタミンK2」と呼ばれる、「血液を固める」成分も含まれています。つまり納豆には、相反する働きの成分が含まれていることになります。

 

医療機関で処方される、「血栓症患者」の薬「ワルファリン(商品名:ワーファリン等)」を飲んでいる方は、「ビタミンK2」を含む納豆などの食品は、薬の血液サラサラ効果が薄れるので制限されています。

 

「ナットウキナーゼ」の血栓を溶かす働きや、血液サラサラ効果は、納豆を食べるよりも、サプリメントなどで直接補給した方が、効果が高いと言えます。

 

次に、そんな「ナットウキナーゼ」を、効率的に摂れる、「ナットウキナーゼサプリ」のおすすめをランキング形式で紹介します。
 

ナットウキナーゼサプリ【おすすめ】

 

さくら森 きなりの特徴

ナットウキナーゼに「DHA・EPA」を高配合!

「きなり」は、高スペックDHA・EPAサプリメントとして、大人気のアイテムです。

ナットウキナーゼ+「DHA・EPA」で強力な「血液サラサラ」効果を実現しています。

「DHA・EPA」に。人と相性が良いとされる、オキアミから抽出れた「クリルオイル」を採用しています。さらに、配合されている「アスタキサンチン」の抗酸化作用で「DHA・EPA」の酸化を防いでくれています。

◎DHA・EPA500mg
◎クリルオイル
◎ナットウキナーゼ
◎臭さ無し

価格 1980(税込)円
評価 評価5
備考 定期初回:¥1980円(税込) 二回目以降:¥3790円(税込)
 

小林製薬 ナットウキナゼ&DHA・EPAの特徴

ナットウキナーゼの含有量が一粒で一日分!

小林製薬の高濃度な「ナットウキナーゼ」サプリです。一粒で「ナットウキナーゼ協会」が推奨する一日量を摂取できます。

さらに、血液サラサラとして、「DHA・EPA」、さらに、たまねぎの血液サラサラ成分「ケルセチン」も配合されています。

製薬会社品質の安心して飲めるサプリです。

◎高濃度「ナットウキナーゼ」
◎DHA・EPA
◎ケルセチン
◎臭いなし


価格 1134(税込)円
評価 評価4
備考 初回限定:¥1134円(税込) 通常:¥1620円(税込)
 

納豆博士(まるさん倶楽部)の特徴

「ナットウキナーゼ」の一日分を3粒で摂取出来る!

「納豆博士」は、1日3粒で納豆2パック分(約100g)に相当するナットウキナーゼを摂取できる健康食品です。

大豆は遺伝子組み換えでない原料を使用し国内工場で製造されています。血液を固める働きのある「ビタミンK2」は完全の取り除かれています。

◎ナットウキナーゼが3粒で1日分
◎臭いなし

価格 6300(税込)円
評価 評価3.5
備考 通常:¥6300円 お試し5日分:¥980円(税込) 定期:¥5670円(税込)

ナットウキナーゼと「DHA・EPA」のダブルパワーで血栓予防!

 

「ナットウキナーゼ」にも劣らない「血液サラサラ」効果の高い成分があります!

 

 

「ナットウキナーゼ」には、血栓を溶かしたり、血液をサラサラにしてくれる働きがありますが、他にも、「血液サラサラ」にとても効果的な成分があります。

 

それは、「DHA」、「EPA」です。これらの成分は、青魚に多く含まれている事でも知られています。

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)は青魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸で、体内ではEPA(エイコサペンタエン酸)からつくられ、脳や神経組織の機能を高める働きがあります。脳は脳内に入れる成分と入れない成分を選別しますが、DHAは脳内に入ることができ、神経細胞を活性化させ記憶力や学習能力を向上させます。

 

EPA

EPAは青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸で、体内で合成することができない成分です。医薬品としても利用されており、血栓をつくらせない成分が多く含まれているのが特徴です。DHA(ドコサヘキサエン酸)とともに血液をサラサラにしてくれる働きがあり、DHAとの相乗効果で脳内の血管を健康に保つ効果があります。

 

このように、とても「血液サラサラ」には、うれしい成分となっています。その為、サプリメントなどでは、「ナットウキナーゼ」と「DHA・EPA」はともに配合されているケースが多くあります。

 

当サイトで、おすすめしている、「ナットウキナーゼサプリ」にも、「DHA・EPA」がともに配合されているのが、多くあります。

 

ナットウキナーゼの摂取の効果を高める!

 

「ナットウキナーゼ」を飲んで「血液サラサラ」などの効果を高める方法を紹介!

 

「ナットウキナーゼ」の働きを高める為には、「血液がドロドロ」にならないようにしなければいけません。具体的には、「中性脂肪」や「悪玉コレストロール(LDL)」を下げることです。

食生活を改善する!

「血液ドロドロ」の大きな原因となるのが、食生活です。油分や糖分の多い食事は禁物です。塩分控えめで野菜をたっぷりの食生活を実践する必要があります。また、食物繊維が豊富な野菜や、「DHA・EPA」が豊富な青魚や、「ナットウキナーゼ」が含まれる納豆は特に食べるようにしましょう。不足していると感じたら、「サプリ」で補いましょう。

 

適度な運動を行う!

適度な運動は、正常な身体の機能を保つ意味でもとても大事です。新陳代謝を高め血流のアップや中性脂肪の低減、ストレスの発散にもなります。

 

お酒の量を減らす・やめる!

お酒のアルコールは、内蔵にも負担が掛かりますが、中性脂肪を増やし、「血液ドロドロ」の大きな原因となります。お酒をやめるだけで「血液ドロドロ」を解消の大きく近づく可能性が高まります。最低でもお酒の量を減らすことが必要です。

 

睡眠を十分に摂る!

睡眠不足は、身体にとって非常によくありません。体の機能を低下させます。代謝を低下させるので、血流も低下して「血栓」が出来やすい状態になりかねません。十分な睡眠をとりましょう。

 

ストレスを貯めない!

ストレスは万病の元と言われ程、身体によくありません。過度のストレスは、身体の機能を低下させ、代謝を低下させて血流も低下させてしまいます。出来るだけストレスな生活を送り、ストレス解消に努める必要があります。

 

ナットキナーゼの効果を高める飲むタイミング

 

ナットウキナーゼサプリを飲むのにオススメなタイミングがあります。

 

ナットウキナーゼサプリを飲むのにオススメなタイミングがあります。それは、【血栓】が出来やすい時間帯の直前に飲むことです。

 

特に、飲むのにオススメなのが、【夕食後〜就寝前(21時〜就寝前)】です。

 

【血栓】が出来やすいと言われている時間が、早朝〜午前中(4時〜12時頃)だと言われています。もちろん、【血栓】が出来るのがこの時間帯だけではありません。

 

なた、ナットウキナーゼの働きが持続するのが、4時間〜12時間とも言われているので、【夕食後〜就寝前(21時〜就寝前)】に飲むと効果を発揮しやすい訳です。

 

ナットウキナーゼサプリは、健康食品なので飲むタイミングは基本的には自由ですが、【血栓】が出来やすい時間帯を意識して飲んでみてはいかがでしょうか?

 

ナットウキナーゼの副作用

 

ナットウキナーゼには副作用などの注意点はあるのでしょうか?

 

ナットウキナーゼは、適切な量を摂取していて「副作用」はほぼないいと言えます。

 

摂取しすぎると、「血が止まらなくなるのでは?」なんて疑問を持つ方は多いようです。

 

しかし、現実は、「血が止まらない」なんてことはないのでご安心ください。但し、過剰摂取には注意が必要です。

 

医師から処方される「血液をサラサラ」にする薬「ワーファリン」との併用については、臨床試験で安全性を確認していますが、医師にいちど相談するのが安心かと思います。

 

もともと体質的に合わない方や、医師から薬を処方されている方などは、医師に相談してみることをオススメします。

 

「血栓」の種類と症状

実際に「血栓」が出来てしまった場合の症状について簡単に説明します!

 

納豆やナットウキナーゼサプリは、「薬」ではありません。

 

日々の「血液サラサラ」には貢献してくれますが、実際に【血栓】が出来てしまった場合には、「薬」のように、その効果は保証できません。

 

症状が現れた場合には、ただちに医師の診断を受け、治療を開始しましょう。

 

血栓ができる主な原因

血栓ができる原因は、主に次の通りです。

血流が悪い

長時間の間、同じ姿勢でいたり、病気などで動けない場合などは、血液の流れが悪い状態です。飛行機や電車などに長期乗った場合などが、この状態になります。意識して、体を動かすなどの対策が必要です。

 

血管に損傷がある

血管に損傷があると、そこに血液が引っ掛かり留まることから、血栓が出来やすくなります。

 

生活習慣によるドロドロ血

生活習慣や食生活の乱れにより血液のドロドロ化により血栓が出来やすくなります。高中性脂肪、悪玉コレストロール、脂質異常症、糖尿病などを発病している場合は血栓が出来やすい状態です。

 

血栓が出来やすい体質

生まれつきの体質から血栓が出来やすい人がいます。特発性血栓症という病気です。静脈に血栓が出来やすく、他の病気が原因で血栓が出来やすいといといわれています

血栓の種類
動脈血栓

動脈に出来る血栓です。脳梗塞や心筋梗塞などを発症させ生命に関わる非常に危険な血栓になります。原因としては、血液成分の異常(血液ドロドロ)、血管の損傷、血液の流れの異常があげられます。

 

高血圧、脂質異常、糖尿病、不整脈、弁膜症などを発症している方が出来やすい血栓です。

 

静脈血栓

静脈に出来る血栓です。肺塞栓症、深部静脈血栓症(エコノミー症候群)など発症する血栓です。

 

 

【まとめ】ナットウキナーゼで血液サラサラを目指しましょう!

 

納豆に含まれる日本人に相良の良い「ナットウキナーゼ」を積極的に摂取しましょう!

 

現代人は、食の欧米化で日本人が今まで、普通に摂取していた健康により成分が不足しています。

 

納豆は、非常に栄養が豊富で、「ナットウキナーゼ」も豊富に含まれています。

 

しかし、「ナットウキナーゼ」を毎日、十分に補給するのは、納豆を食べているだけでは現実的には、大変です。

 

十分に、「ナットウキナーゼ」を補給して、血液サラサラを目指したい方は、当サイトで紹介しているサプリをご検討ください。

 

 

最後に。

 

この度は、当サイトをご覧頂きありがとうございます。

 

健康で元気で楽しく過ごされるように、お祈り申し上げます。

 

ナットウキナーゼの関連情報

日本ナットウキナーゼ協会

ナットウキナーゼ、ビタミンK2(メナキノン-7)、納豆菌(Bacillus subtilis natto)など、納豆由来の機能物質の科学的情報と原料としての品質・安全性など、国民の健康上、必要・正確な情報をもって消費者への広報啓蒙、納豆以外の形状商品(いわゆる健康食品)の普及活動に努める。

 

納豆(ナットウキナーゼ)の基礎知識

液サラサラ、「ナットウキナーゼ(血栓溶解酵素:納豆酵素)」の基礎知識をお届けします。1.血液が固まる仕組み 2.血液をサラサラにする薬 3.納豆含有酵素の血栓溶解能力についての検証 4.血液中の凝固系(ワーファリンなど)、線溶系酵素との関係は?などを詳しく解説。

 

血栓症の症状や原因は?日常の中でできる簡単な3つの予防法

血栓症てどんな病気か知っていますか?症状や原因、治療方法などをしっかりと理解して予防するようにしましょう!

 

血栓症とは | NPO法人日本血栓症協会

日本のみなさまは、増え続ける血栓症=静脈血栓塞栓症(VTE; Venous thromboembolism)をご存じでしょうか。多くの方はエコノミークラス症候群についてはご存じなのではないでしょうか。静脈血栓塞栓症VTEはこの病気と同じ原因で起こる病気です。