MENU

ナットウキナーゼの血圧を下げる作用

ナットウキナーゼには血圧を下げる効果があることがわかっています。

 

血圧を降下させる必要がある理由は、まず高血圧というのは、体に及ぼす悪影響が大変多いからです。脳梗塞、くも膜下出血、脳出血、心筋梗塞、心肥大、狭心症など、これらの病気の原因は全て血圧の異常によるものです。

 

血管がドロドロになり、血管が狭くなっているとその付近の血管には圧力がかかるので、血管が膨らみ、血管の壁が薄くなります。そうすると血管壁が弱くなって傷付きますから、傷付いた血管を修復するために血小板が集まります。

 

血小板が集まると、それらが凝固して血栓が出来ます。更にまた薄くなった壁を丈夫にしようと血管の壁が厚くなり、固くなるということを繰り返していると動脈硬化が進行してしまいます。

 

動脈硬化が進行すると血液の通りが更に悪くなり、高血圧が進みます。高血圧と動脈硬化は相乗効果で悪化していってしまいます。

 

そして血栓が生成され、脳梗塞や脳出血、あるいは心筋梗塞や狭心症が発症してしまうのです。血圧を下げることは、これらの病気を全て予防することにつながります。

 

高血圧ははっきりとした自覚症状がないので、サイレントキラーとも呼ばれています。しかし、頭痛やめまいや動悸、息切れ、むくみや肩こりなどからも高血圧の可能性が疑われます。

 

高血圧を防ぐことが出来れば、生死にかかわる病気も未然に防ぐことが出来ます。

 

ナットウキナーゼの摂取は、高血圧の予防と治療に大きな役割を果たすことがわかっています。ナットウキナーゼによって、高血圧を防ぐことが出来れば、生死にかかわる病気も未然に防ぐことが出来ます。

 

 

関連ページ

脳梗塞の予防(血栓を溶かす働き)
脳梗塞の予防(血栓を溶かす働き)について説明します。
ナットウキナーゼがもたらす血液サラサラ効果
ナットウキナーゼがもたらす血液サラサラ効果について説明します。
ナットウキナーゼの整腸作用によって下痢や便秘を解消
ナットウキナーゼの整腸作用について説明します。
ナットウキナーゼがもたらすダイエット効果
ナットウキナーゼがもたらすダイエット効果について説明します。
ナットウキナーゼが持つ血栓溶解効果の証明
ナットウキナーゼが持つ血栓溶解効果の証明ついて説明します。
アルツハイマーの予防に期待
アルツハイマーの予防に期待できます。
便秘の予防効果
ナットウキナーゼの便秘予防の効果について説明します。