MENU

ナットウキナーゼの基礎知識記事一覧

ナットウキナーゼは、日本の伝統的な食品である納豆から抽出される酵素の一種です。納豆はネバネバしていますが、そのネバネバした部分にはナットウキナーゼというたんぱく質分解酵素が含まれています。この酵素は倉敷芸術科学大学教授である須見洋行氏によって発見され、命名されました。その後もナットウキナーゼに関する多くの研究が行われ、ナットウキナーゼには健康に大変良い効果があることがわかりました。納豆は煮大豆を有...

最近は健康サプリとしても広く使用されるようになったナットウキナーゼという成分ですが、これは納豆のネバネバした部分に多く含有される成分でです。納豆が健康に良いと言われているのはまさにこの成分が体にもたらす作用機序に高い効果が期待できるからですが、納豆を発酵させることによって生成される特別な成分になるため、他の食材から摂取することはできずナットウキナーゼを取り入れる場合は基本的に納豆を食べることにより...

人間の健康や美容に関わりが深い腸内細菌ですが、腸内細菌は悪玉菌と善玉菌と日和菌の三種類から構成されており、体に良効果を及ぼすのが善玉菌で悪影響を及ぼすのが悪玉菌です。細菌と聞くと体に悪影響しか与えないというイメージを持っている人からすると善玉菌の良効果は気になるポイントでもあると思います。ナットウキナーゼを取り入れることによって悪玉菌を直接的に減らすことができると言われていて、この作用機序によって...

日本の健康食品と言えば納豆が思い浮かびますが、納豆は古くから食卓に並ぶ食品の一つでその歴史は実に1000年を超えるとも言われており、日本人の健康を作ってきた食品の一つでもあります。納豆が体にとってメリットがあるのは含有されているナットウキナーゼという成分が体に対して一定の効果をもたらすことが理由となっていますが、この成分は納豆菌と呼ばれる菌がタンパク質を分解するために生成するもので分類的には酵素に...

納豆には血栓の溶解を促す働きをするナットウキナーゼが含まれているのですが、それと同時に血液凝固を促すビタミンK2も含まれています。止血するためにビタミンK2は必要だと言えますが、血栓症の予防を考える際には、血液を凝固させてしまうビタミンK2は有害であると言えます。よって、血栓症患者は血栓の溶解を行うナットウキナーゼだけを摂取することが望ましく、納豆よりもナットウキナーゼのサプリメントを摂取する方が...

ナットウキナーゼの作用には様々なものがあります。まず、血栓の主成分と言われているフィブリンに直接働きかけ、それを分解(溶解)する作用があります。次に、体の中に存在する血栓溶解酵素のウロキナーゼの前駆体、プロウロキナーゼを活性化するという働きもあります。更には、血栓溶解酵素であるプラスミンを作り出す組織、プラスミノーゲンアクティベーター(t-PA)の量を増加させる作用もあります。最近の研究からナット...

日本ナットウキナーゼ協会によると、ナットウキナーゼを1日あたり2,000FU摂取することを目標とするのが良いそうです。2,000FUという数字は、納豆1パックを50gとすると1.25パック分になります。毎日納豆を2パックほど食べている人は、その目標値をクリアしていると言えます。更に、ナットウキナーゼは天然酵素なので、摂り過ぎても体に支障はありません。しかし、もちろんどんな食品にも言えることですが、...

ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯というものがあります。それは18時から24時ぐらいの夕食後や就寝前です。ナットウキナーゼの効果が持続する時間は4時間から12時間と言われていますが、血栓が出来やすい時間帯が深夜から早朝ということを考えると、夕食後や就寝前にナットウキナーゼを摂取すると血栓の生成を防げるということになります。様々な発作が起こりやすい時間帯というものがあることがわかっており、そ...