MENU

ナットウキナーゼの歴史

 

日本の健康食品と言えば納豆が思い浮かびますが、納豆は古くから食卓に並ぶ食品の一つでその歴史は実に1000年を超えるとも言われており、日本人の健康を作ってきた食品の一つでもあります。

 

納豆が体にとってメリットがあるのは含有されているナットウキナーゼという成分が体に対して一定の効果をもたらすことが理由となっていますが、この成分は納豆菌と呼ばれる菌がタンパク質を分解するために生成するもので分類的には酵素になります。

 

納豆は大豆を発酵させることによって作ることができますが、大豆を発酵させる過程で発酵させるのに大きな役割を果たす納豆菌が作用することによって納豆が作られることになります。

 

今でこそ広く知られるようになったナットウキナーゼもその歴史を紐解いてみると納豆が誕生した歴史から考えるとまだまだ短く、1980年になってから発見されてそこから少しずつ普及するようになりました。

 

さまざまな健康効果をもたらすことで人気の成分ですが、病気を予防するための効果だけでなく美容やアンチエイジングなどに対する効用も高くなっていて、他にもダイエット効果や女性に多い冷え性を改善する効果もあります。

 

また、納豆特有の味や臭いが嫌いな人も多くいますが、そのような人でもナットウキナーゼが含有されているサプリであれば気にすることなく、なおかつ継続的に飲用することができます。

 

通販サイトも多く開設されているので便利に購入を進めていくことができるようになっています。

 

関連ページ

ナットウキナーゼは納豆から抽出されるたんぱく質分解酵素
納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」について簡単に説明します。
ナットウキナーゼが含まれている食材
ナットウキナーゼが含まれている食材を紹介します。
ナットウキナーゼと腸内細菌
ナットウキナーゼを取り入れることによって悪玉菌を直接的に減らすことができると言われています。
納豆からビタミンK2を除去して出来たナットウキナーゼ
納豆からビタミンK2を除去して出来たナットウキナーゼについて説明します。
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について説明します。
ナットウキナーゼを1日にどれだけ摂取すれば良いのか
ナットウキナーゼを1日にどれだけ摂取すれば良いのかを説明します。
ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯
ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯を説明します。