MENU

ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯

 

ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯というものがあります。それは18時から24時ぐらいの夕食後や就寝前です。

 

ナットウキナーゼの効果が持続する時間は4時間から12時間と言われていますが、血栓が出来やすい時間帯が深夜から早朝ということを考えると、夕食後や就寝前にナットウキナーゼを摂取すると血栓の生成を防げるということになります。

 

様々な発作が起こりやすい時間帯というものがあることがわかっており、それを見ると、まず早朝の4時から6時には、心筋梗塞や異型狭心症の発症が多くなっています。

 

次の6時から8時には、労作性狭心症の発症が多く見られます。続く8時から10時には、急性心筋梗塞や心筋梗塞が多くなっています。

 

10時から14時は不整脈が多く見られ、14時から16時は循環系ショックが多く見られます。このような時間帯にナットウキナーゼによって血栓症を防ぐことが出来れば、多くの生死に関わる病気が防げるということになります。

 

特に40代以上の人や仕事でストレスの多い人は、定期的にナットウキナーゼを摂取することが大切です。その他にも血圧が高い人、高脂血症や糖尿病などで血液粘性が高い人は、ナットウキナーゼを摂取することによって、病状が大きく回復されます。

 

ナットウキナーゼのサプリメントでは、1日に必要な量の2,000FUが一回で摂れるものがほとんどなので、就寝前にナットウキナーゼを摂取することを習慣にすると良い効果が得られます。

 

それによって、夜ポックリ逝ってしまうということを簡単に防げますし、朝もスッキリ目覚めることが出来ます。

 

関連ページ

ナットウキナーゼは納豆から抽出されるたんぱく質分解酵素
納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」について簡単に説明します。
ナットウキナーゼが含まれている食材
ナットウキナーゼが含まれている食材を紹介します。
ナットウキナーゼと腸内細菌
ナットウキナーゼを取り入れることによって悪玉菌を直接的に減らすことができると言われています。
ナットウキナーゼの歴史
ナットウキナーゼの歴史を紹介します。
納豆からビタミンK2を除去して出来たナットウキナーゼ
納豆からビタミンK2を除去して出来たナットウキナーゼについて説明します。
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について説明します。
ナットウキナーゼを1日にどれだけ摂取すれば良いのか
ナットウキナーゼを1日にどれだけ摂取すれば良いのかを説明します。