MENU

ナットウキナーゼを1日にどれだけ摂取すれば良いのか

日本ナットウキナーゼ協会によると、ナットウキナーゼを1日あたり2,000FU摂取することを目標とするのが良いそうです。

 

2,000FUという数字は、納豆1パックを50gとすると1.25パック分になります。毎日納豆を2パックほど食べている人は、その目標値をクリアしていると言えます。

 

更に、ナットウキナーゼは天然酵素なので、摂り過ぎても体に支障はありません。しかし、もちろんどんな食品にも言えることですが、極端な摂り過ぎは体に良い結果をもたらしません。

 

1日2,000FUのナットウキナーゼを長期に渡って毎日納豆から摂るということは難しいですが、サプリメントならそれを継続して行えます。

 

ナットウキナーゼのサプリメントを選ぶ時に気をつけなければならないことは、その含有量が豊富であるかをよく確認することです。

 

たまに極端に安いナットウキナーゼのサプリメントを見付けることがありますが、そういうものは、含有量が1日に必要な量の半分である1,000FUであったり、ひどいものでは含有量不明だったりというものもあります。購入の際には、その含有量をよく調べることが大切です。値段と含有量の比率をよく調べて、一番オトクなものを選ぶようにしましょう。

 

ナットウキナーゼはDHAやEPAの栄養源でもあるので、その飲み合わせを心配する人もいますが、これについては全く問題ないと言えます。

 

ナットウキナーゼはサプリメントではあるけれども天然酵素なので、基本的に他のどんなサプリメントと飲み合わせても体には害がないと言われています。

 

副作用もないことがわかっているので、安心して毎日の食事のサプリメントとして摂取出来るものとなっています。

関連ページ

ナットウキナーゼは納豆から抽出されるたんぱく質分解酵素
納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」について簡単に説明します。
ナットウキナーゼが含まれている食材
ナットウキナーゼが含まれている食材を紹介します。
ナットウキナーゼと腸内細菌
ナットウキナーゼを取り入れることによって悪玉菌を直接的に減らすことができると言われています。
ナットウキナーゼの歴史
ナットウキナーゼの歴史を紹介します。
納豆からビタミンK2を除去して出来たナットウキナーゼ
納豆からビタミンK2を除去して出来たナットウキナーゼについて説明します。
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について説明します。
ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯
ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯を説明します。