MENU

納豆からビタミンK2を除去して出来たナットウキナーゼ

納豆には血栓の溶解を促す働きをするナットウキナーゼが含まれているのですが、それと同時に血液凝固を促すビタミンK2も含まれています。

 

止血するためにビタミンK2は必要だと言えますが、血栓症の予防を考える際には、血液を凝固させてしまうビタミンK2は有害であると言えます。

 

よって、血栓症患者は血栓の溶解を行うナットウキナーゼだけを摂取することが望ましく、納豆よりもナットウキナーゼのサプリメントを摂取する方が、良い効果を得られます。

 

血栓症患者の中で、医師から処方されるワルファリンという血液を固まりにくくする薬を服用されている人は、ビタミンK2を多く含む納豆などの食品を摂取することを医師から制限されています。

 

よって、納豆にはせっかくナットウキナーゼという血栓溶解作用がある成分が含まれているのに、それを摂り入れることが出来ません。そのジレンマを解消するためにもナットウキナーゼのサプリメントは大変役に立ちます。

 

ナットウキナーゼ とワルファリンを併用して摂取した臨床結果からわかっていることは、特に副作用はなく、血液凝固に関わる血液中の成分の値も変動が小さくなるということです。

 

このことから、適量のナットウキナーゼをワルファリンと併用することで、血栓予防に安全で有効な作用が期待出来ることがわかっています。

 

以前はワルファリンを服用している人は、ビタミンK2の拮抗作用を心配するために納豆に含まれるナットウキナーゼを摂取することが出来ませんでしたが、それをナットウキナーゼのサプリメントが解決してくれたというわけです。

関連ページ

ナットウキナーゼは納豆から抽出されるたんぱく質分解酵素
納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」について簡単に説明します。
ナットウキナーゼが含まれている食材
ナットウキナーゼが含まれている食材を紹介します。
ナットウキナーゼと腸内細菌
ナットウキナーゼを取り入れることによって悪玉菌を直接的に減らすことができると言われています。
ナットウキナーゼの歴史
ナットウキナーゼの歴史を紹介します。
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について
ナットウキナーゼの様々な作用と特徴について説明します。
ナットウキナーゼを1日にどれだけ摂取すれば良いのか
ナットウキナーゼを1日にどれだけ摂取すれば良いのかを説明します。
ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯
ナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯を説明します。